TOP

  • 名前から探す
  • 地図から探す
  • まるトク情報を探す
  • 求人情報を探す

トップサービス・専門 > テクノ水研究室

サービス・専門

  • トク

テクノ水研究室

テクノ水研究室

   http://www.fujisawa-vt.jp

 一般住宅から病院・ビル・生産設備等の液体パイプライン(pl・ppl)は、熱源(ボイラ、給湯器・生産機械など)の固着スケールなど除去(オーバーホール)する技術を知る顧客様は、3000件と極く少ないために均等に使用限界目安15年とされていますーwww.jraia.or.jp › books(社団)JRAIAチリングユニット保守点検ガイドライン』:事後保全と云います。

神奈川県民共済組合員、事業主及び神奈川県在住の役員の方、ビ
 ル・マンション自主管理組合員の方・コンサルタント会社、建築設
 備設計者、会社事業主、税理士、集合住宅所有者、船舶船長、ター
 ビン発電初期レベル保守担当者など個人の方は神奈川県民共済組合
 にご加盟ください。
 ◎経年劣化防止対策。
 a プラントパイプラインの半永久的維持とその運営(相対的
   剰余価値)のあり方を考えます。
 b 製品生産ライン及び液体品質の安定維持冷却pl熱源の初期性能
   復帰・安定・維持。高層ビル、マンション、温泉施設など
 C 企業イメージバリューアップ宣伝効果。

  • 藤沢市弥勒寺1-15-3 かながわ学べるカフェ  
  • JR及び小田急藤沢駅南口江ノ電バス1番乗り場より川名バス停下車徒歩4分村岡公民館手前80mです。
  • 0466-50-7106

 従来はPLとその計装などOHする配管系統の保全技術はないと思われていました。

◎ plResuscitation による最先端技術が開発されて久しいのです。
 それは電気化学会から、生まれた電磁誘導電流による既設のパイプラインに理想的に電流がれ込むように設計されています。PLに用いてみたところパイプライン内面に生じている全赤錆・スケールなどが一掃されPLと熱源と部品の性能は新設時同様になりました。
 これは短距離用(家庭用)~プラント用(プロ用)長距離の管路を一手に管理することが可能となったことを意味します。
 したがって管路上を定期的に移動させることにより、ガス・動力(エネルギーコストを従来の1/2に削減できるようになりました。
 したがって慢性的な赤字経営から脱出することも不可能ではなくなりました。
 事例より
 1年用いれば、Plの寿命は2年延ばすことが実証され裏付けられています。
 一般~公共の給/排水管路およびチリングユニット保守・点検の代用に使てみてはいかがでしょうか?
 本装置で液体配管系統の予防保全する技術をご紹介を致します。
・今お使いの液体配管ー熱源(給湯器・ボイラ)ー制御機器・セン 
 サーなど内面の汚れを除去すると”エネ再利用50%/y”経済効果が開花(剰余価値)します。 
 ・対象PLについて『発電システム(地熱・ガス)』タービン回転数安定維持及び吸収冷温水機、ターボ冷凍機・生産機械などのオーバーホール やチューンアップの組込方の学習を承りますー㈳JRAIAチリングユニット保守点検ガイドライン反比例的な識別番号591120295電磁誘導技術。
  ①竣工より20年給湯器:短期間3ヶ月~、長期6ヵ月~  
   電化製品導入時より2,880hで新品時に復帰。
   効果の継続:パイロットランプ点灯観察。
  ②開設40年前後のpl:2,160h計装制御弁類・センサー機能初期性能
   レベルに復帰維持.
8,560hで往管温度計と還管温度計の『出入り口温度差』:1℃↗4
   ~5℃復帰-最大限運転時。
   初期化維持。・定期点検要。
  ③竣工時より導入、熱源機とpl:システム性能維持。
  〇イニシャルコスト
 ・自宅一般用 〇目的pl想定管財価値目安:120万円 
       再投資:15A:13万円~ 25A:900,000円以内。 
 ・事業所プロ用 〇想定初期管財投資額:150万円~12000万円~12億
          円 
      ・再投資金額:20A:75万円~400A:10,000,000円以内。
  〇ランニングコスト 
   寿命1年延長するに必要な電気エネルギー代金は自宅用:400円/台
   事業用:4000円/台。
 ※10年延命ご希望の場合 自家用  400(円)×10(年)= 4,000円
             事業用 4,000(円)×10(年)=40,000円
   

Pipeline Resuscitation 履歴とその信頼性について

貴、管路情報は、水道局お客さまサービスセンター電話:045-847-6262へ相談ください。
 ・事例
  26年【経たった管路と給湯器(劣化)・赤水】+電化製品導入時より  12年【還元→蘇生して】=38年(その寿命は38年延長を実現しまし
     た)さらにインフラ(建物・施設設備)超寿命化を目指して進     行中ですー某Rマンション戸塚第5‐210。
  ・考察(損益計算書)
  【管路】:本来の耐用寿命:40年ー現在の寿命38年=余寿命2年さらに
  10年延長を期待するならば4000円で電気料金を支払だけでますよ ・延長記録:15年×4=40年実績存在ー横浜市泉区中田町3063。 
  ※電給湯器:20万円/台×51戸=1020万円(更新費合計)マンション
   住民が意見が一致すれば電化製品2台導入できる予算目安がつき、
   理想の経年劣化対策を実行することが可能となります。
   ※諸不具合でお悩みの方、ご相談無料です。お気軽に立ち寄りくだ
    さい詳細な説明を致します。
 ・管路も熱源も水道水水質も新たな赤錆【化学物質】も赤水も発生して  おらず新品同様維持、インフラ(給/排水管・水冷空調機器、発電シ
  ステムなど)従来の薬剤処理に換わって大変廉価な電気代で対策しま
  す。
    ※改正水道法第16条の施工:厚生労働省-2019/10 → hp検索
 ※二次的ラインストップには対応しかねます。  
   〇導入に際してのご案内
※電化製品常設後の上下水道工事「電極」設置状況、必ず立ち合い確認
  ください。
※運転状況は、パイロットランプ点灯または液晶表示(目視点検)でご確
  認ください。

基本情報

住所 藤沢市弥勒寺1-15-3かながわ学べるカフェ  
電話番号 0466-50-7106
FAX 0466-50-7106
メールアドレス miroku.kojima@jcom.home.ne.jp
ホームページ http://www.fujisawa-vt.jp
営業時間 午前9:30~11:30 午后2:00~4:00
定休日 土・日・祝祭日
座席数      2
駐車場  軽1
コメント 〇 給湯器やボイラーなど熱源機初期性能維持すると温暖化防止になる

 世界の物価は上がるばかり、給水パイプライン更新工事費もご
 多分に漏れない、そこで対抗策を講じることにする。

自宅の給水装置の近くにこの製品をつけてみたところ、給湯器の設
定温度に達するまでの時間が次第に短くなり当初の1/2になりまし
 た。 
 水道水も瞬時にマイナスイオン含みカルキ臭なくまろやかになった
 飲料用に最適、シャワーも入浴も真から温まるし、赤水も赤錆も排
 水管の詰りもなく臭も次第に低減しました。
 ※改正水道法第16条の施工:厚生労働省-2019/10 → hp検索
  電気化学製品を導入し日々点検を維持するならば、急で過大なパ  イプライン(管路と給湯器)更新工事は不要となり、とっても経
済的ハッピーな生活文化環境の基盤を築くことができます。
  ※二次的なご相談はご容赦ください。

  コメント
・ボイラ内も毎回キレイですー八寿会 八城 義友 様。
・電気給湯器使い初めに設定温度”中”に設定12年前に電磁誘導電流発 生装置M型設置を給湯器内部毎回キレイです-住友電気工業(株)  佐々木 進 様

まるトク情報

トク!

最少の電気代で管財(PL)実用耐用年数超延長保全 

1.液体パイプライン『劣化防止』導入の仕方について 知りたい方は 当方のメールへ”パイプライン不具 合情報”
2.給排水不要無臭『トイレ』をお気軽にお寄せください、ご相談は無料です。
3.快適空間づくり 建材「調湿材」床下、壁内、天井用各種あります。
4.ナノフイルター空調用、ナノマスクあります。
 
 

TOPへもどる