TOP

  • 名前から探す
  • 地図から探す
  • まるトク情報を探す
  • 求人情報を探す

トップサービス・専門 > テクノ水研究室

サービス・専門

  • トク

テクノ水研究室

テクノ水研究室

  給水パイプ(PL)内面蘇生:節電/ガス50%!

・これなら自分もできる!
 
 もっとも廉価版 液体pl内面電磁誘導電流でオーバーホール
管路ー給湯器ー水道水質も 新品同様になり剰余価値を生み
  続けています。

 家庭用 初期投資:13万円~
   20年【経たった管路・給湯器・赤水そのまま蘇生】
   +12年=32年【給湯器(従来の寿命15年)×2】まだ延長しつ
   つあります。

  ◎ 剰余価値:節電(ガス)50%!
    例えば、従来毎年10万円使った家庭は5万円に低減
    償還される計算となり13万円÷5万円≒2.6年で回収しま
    す。それ以降は屋根・外壁・内装費に充てられ、とっても
    ハッピーです。

    事業用:インフラ(PL)超寿命化設計 
    先行投資140万円~1000万円による

     開設0~40年使っているpl初期工事費(3千万~15000万
     円)1回省けて毎年再エネ50%!
     チューニングアップしとっても経済的です。

   ◎ pl+計装-センサー『システム性能』蘇生による
     節電・ガス50%:償還財源となり完済後は他の保
     全費準備金に充てられています。    
 

  • 藤沢市弥勒寺1-15-3
  • JR及び小田急藤沢駅南口江ノ電バス1番乗り場より川名バス停下車徒歩4分村岡公民館手前80mです。
  • 0466-50-7106

貴方の諸不具合などお聞かせください―お近くの企業庁水道局

◎ plResuscitation による相乗効果(剰余価値バリューアップにつ
 いて
・民・官 のインフラ(pl)意識改革による新しい発想は、途中(経年
 40年)からでも「PL・熱源機・制御機器・センサー」は蘇生し、ライン
 ストップなく財政を立て直しできましたー参考HP「財務諸表取り扱い
⑦」を検索ください。
  例えば
 家族会議、株主総会・自主管理組合総会・有識者協議会など導入の場合
Ⅰ、PL蘇生備品”あり”の場合【システム性能】復帰により、更新工
   事費を削減しそのまま事業継承寿命延長します→PAT文献。

Ⅱ、一般PL備品”なし”の場合
  ①耐用寿命目安7~10年「事後保全」
   ②耐用寿命目安15年「予防保全」いずれも更新費が必要。→
参考 ㈳JRAIAチリングュニット保守点検GL図2(「事後保全」線 
   図、定期点検「予防保全」右下がり段状線図)

   出入り口温度差は初期レベルに戻った。または「設定温度にな
   るまでの時間が初期と同等になった」:チューアップを意味しま
   す。
   毎年エネルギー50%/yロスしていたものが、設計当初のレベルに   蘇生し正常運転を維持しています。

   よってエネルギー(電・ガス・石油)など消費量も使用料金も50%/
   y低減できて、事業主も施設管理責任者も消費者(家計)も職場環
   境や生活文化レベルもバリューアップされとってもハッピーです。

   ※HP→改正水道法第16条の施工:厚生労働省-2019/10/0

Pipeline Resuscitation 履歴とその信頼性について

 開設履歴
 東京都教育委員会人材バンク会員←神奈川県教育委員会かながわハイス クール人材バンク会員←藤沢市生涯学習大学特別講師←テクノ水研究室
 ← 協同組合カーボテック飛騨 ← 浅田グリーンサービス ← ホーメスト 不動産(株) 
・1955年4月~2018年3月実証テストによる導入件数:2000件(直):
116件。
・クレーム:0。
・導入先:島津 邸,古都湯給湯PL,みどりの園給水PL,太古の湯冷温水
 PL,アズビル食堂給水PL,冷温水PL,住友電工光コンポ空調冷却PL,鹿
 島建設設備設計,九電工,藤沢公民館Fプレイス冷温水PL,東京湾フェ
 リーシラハママルディーゼル噴射ノズル維持保守,油研研発油冷却PL,太古の湯
など

・吸収式冷温水機:型式ーパイプライン設備配置図(投下資本金)。
・現状問題点 
 ①不具合問題の解消。
②インバーターも電磁弁、制御弁など蘇生。
 ③720h運転後最大限運転時ファンコイル吹き出し口温度:45℃検証
 ④運転後吸収式冷温水機「出入り口温度差4320h1℃↗5℃」検証。
 ④高温時の対応:◎
 ⑤排水異臭:↘低減。
 ⑥発電タービン回転数低下防止。
⑦財務改革:エネルギー代を毎年50%低減とPL耐用年数40×2延長。 ⑧飲用調理家事 ↗ 最適化。
 ⑨突発水素割れ防止。 
 ⑩保守管理諸不具合 ↘ 0。

 ◎ご相談は無料ですお気軽にお立ち寄りください。
 ※「わかばカード」、ご持参の方:3%値引きのします。
  ※別途エネルギー管理士による投資対効果計算書作成も承ります。
 ・ランニングコスト    ・イニシャルコスト
① 家庭用13A/台:約400円/年 13万円/台~
② 事業用40A/台:約4000円/年 140万円~、400A

※何れも(電/ガス/石油/バイオマス)消費量マタハその使用料金。
※ 運転状況:点検灯点灯・液晶表示でご確認いただけます。
※ お支払条件:現金決済、管路情報及び熱源カタログ持参の方で
  1.故障時の対応等:詳細な説明を致します。
  2.製造者責任法(PL法)に加盟済です。
   〇導入に際してのご案内
※備品常設後の上下水道工事「備品、電極」必ず立ち合い確認くださ 
  い。
※運転状況はパイロットランプ点灯日々確認ください。

基本情報

住所 藤沢市弥勒寺1-15-3
電話番号 0466-50-7106
FAX 0466-50-7106
メールアドレス miroku.kojima@jcom.home.ne.jp
ホームページ かながわハイスクール人材バンク 登録番号 20160323
営業時間 午前9:30~11:30 午后2:00~4:00
定休日 土・日・祝祭日
座席数      2
駐車場  軽1
コメント 〇 給湯器やボイラーなど熱源機初期性能維持すると温暖化防止になる

 世界の物価は常に上がるばかり、給水パイプライン更新工事費もご
 多分に漏れない、そこで対抗策を講じることにする。

自宅の給水装置の近くにこの製品をつけてみたところ、給湯器の設
定温度に達するまでの時間が次第に短くなりました。水道水も瞬時
 にマイナスイオン含みカルキ臭なくまろやかになった飲料用に最  適、シャワーも入浴も心から温まるし、赤水もなく排水臭も次第変
 わりました。

  

 ボイラ内も毎回キレイですー八城 義友 様

まるトク情報

トク!

最少の電気代で最大限有効活用:管財(PL)保全 

 製品導入の意義
 パイプライン更新工事費は、1世帯当たり100万円かかる50世帯あれば50×100=5000万円相場とします。
 積立金で50%賄うとして残り50%は個人負担となりやりきれない人は手放してゆく結果スラム化が始まり ます。
 
 このような境遇から脱却するには、電化製品をPLに設置しますと寿命を延長することが可能となります。

 次のような計算式が成り立ちます。

〇年間4000円で管財500万~12000万円寿命1年延長 10年間寿命延長するには電気代4万円かかります。

 期待寿命50年延ばすには電気代は20万円かかります。※正常運転復帰・維持技術は、エネルギー損料はあ
 りませんー但し、電気料金は変わらないとします。

 但し、給湯配管は定期点検。

TOPへもどる